インテリア

訪れやすい不動産会社【カフェのような雰囲気で気軽に相談へ行ける】

家

やっぱり世界にひとつだけ

大阪にある設計事務所は、各々がコンセプトを打ち出していて、それはどれも個性的です。スタイリッシュなデザインを得意にしている設計事務所もあれば、温かみのあるデザインを得意にしている設計事務所もあります。ポータルサイトを活用すれば、設計事務所と簡単にコンタクトが取れます。

ウーマン

購入した自宅を売却

一戸建てやマンションを売る時にネックとなるのが住宅ローンです。返済残額によっては売却が難しいこともありますので、まずは売却対象の不動産がどのくらい価値があるかを査定してもらい、仲介手数料などを含めた諸費用が支払えるかを検討することが大事です。

良い環境で経営

家

いずれも交渉次第

「カフェ」を経営するにはコーヒーや紅茶の知識、センスが必要となりますが、それ以上に重要なのが良い物件を紹介してくれる不動産会社に出会うことです。飲食店営業OKのテナントをたくさん扱っている不動産に出会えば、良い環境で経営できる可能性も高くなります。たまに飲食店禁止という物件があるのは、壁や床、天井の汚れが激しいからでしょう。普通の企業に貸せば飲食店ほど汚れることはないので、事務所以外なかなか貸してもらえないことも多いです。しかし、コーヒーや紅茶がメインのカフェならレストランと違ってそこまで汚れないだろうと許可してくれるところもあります。いずれにせよ、大家さんのうつわの大きさと、不動産の交渉力が大きく関わっているのです。もしくは、内装がカフェのような不動産会社を探してみるのもいいでしょう。

物件選びなら

多くの不動産会社では、お客さんとの話し合いのときにサービスで飲み物を出してくれます。最近の不動産会社のなかには、このようなサービスを徹底して内装をカフェ風に仕上げているところもあるのです。コーヒーを飲みながらリラックスした雰囲気で物件を選ぶことができるので、初めて訪れる不動産会社でも落ちつくことができます。また、会社によっては業務用のスペースとカフェスペースを分けているところもあります。不動産スタッフに相談した後に、カフェスペースで一人でゆったりしながら物件を決めるのもいいでしょう。また、カフェスペースが待合室になっている会社もあります。そこではお客さんが混み合っているときでも、余裕を持って自分の順番を待つことが可能です。このような不動産会社であれば、カフェ経営に向いている物件や、内装がカフェのようになっている家を見つけられるでしょう。

男性

土地を借りて利用する権利

貸地と異なり借地の場合、借りた土地に建物を建てることができます。ただし建築には広さや地盤の強さが必要なので、多くの人が不動産会社に相談して、適した土地を探しています。また借地権の購入費用が不足している場合や、有効期間を変更したい場合なども、不動産会社に相談すると、貸主と交渉してもらうことが可能です。