購入した自宅を売却|訪れやすい不動産会社【カフェのような雰囲気で気軽に相談へ行ける】
積み木の家

訪れやすい不動産会社【カフェのような雰囲気で気軽に相談へ行ける】

購入した自宅を売却

ウーマン

住宅ローンの返済額

長く住むためのマイホームを、様々な事情で売ることになってしまう人はたくさんいます。一戸建てやマンションは、購入費用に何千万円ものお金が動いています。そのため、いざ一戸建てやマンションを売るとなる時は、様々な面から売却が可能かを調べた上で考えなければなりません。というのも、一戸建てやマンションを売る際に最もネックになっているのが、住宅ローンであるからです。何千万円もの大きな買い物をしたわけですから、ほとんどの家庭では、現金一括払いで購入するのではなく、住宅ローンを組んでいるという特徴があります。住宅ローンは35年前後で完済するようなシステムが多いですので、その返済額がいくら残っているかを確認することが重要になってきます。

諸費用の換算

そのため、自分が購入した一戸建てやマンションをいくら早く売りたいと思っていても、それをいくらで第三者が購入してくれるかが重要です。購入時と変わらない程度の金額で売ることができれば、住宅ローンで借りた分も返済しやすくなります。しかし、あまり需要がなく売れる見込みが立たない不動産については、売りたくても売れない状況になる可能性もあります。もし、売却時に住宅ローン返済分の金額を貯蓄などから一括返済できるなら良いですが、ほとんどは難しいのが現状です。そこでまずは、売りたい家やマンションがいくらくらいの価値になるか、査定をしてもらうことが大切です。また、不動産業者を介しての売却だと、さらに仲介手数料も発生します。査定額を見て、諸費用を含めたお金が支払えるか見定めることが大事です。